同性との不倫が不貞行為と判断され損害賠償命令が出ました

東京調査サービス

東京調査サービス

同性でも不貞行為があったと判断されました

とある夫婦の妻の浮気相手が同性の女性と不貞行為があったとされる裁判で、東京地裁はその妻の浮気相手の女性に損害賠償命令の判決を言い渡しました。

こういった同性間での不貞行為を争う裁判はこれまでほぼ無いに等しいとされています。

この女性は不貞行為とは「異性間での行為を意味する」として同性同士の行為は不貞行為の対象にはならないという反証を行っていたそうです。

令和3年2月の判決では不貞行為とは男女間の浮気だけではなく、平和な婚姻生活を阻害するような性的行為も不貞行為に当たるという判断があったもようです。

裁判の傍聴はしていないので憶測になってしまうのですが、やはりどこかの探偵事務所さんが奥様の不審な行動に悩んでいた夫の依頼で浮気調査を行ったのでしょうか?その上で同性の女性との浮気行為が発覚したのでしょう。あるいは同性同士の行為には何らかの道具のようなものがあると聞いております。その道具を発見してしまい、問い詰めたところ白状したというケースもあるでしょう。

ニュース記事を見ると、性行為があったという事は認めているような感じがありますね。ラブホテルの出入りを証拠として押さえられていた可能性が高いです。

当探偵事務所では過去に同じような浮気調査を経験しております

今回と同じように妻の浮気を疑った夫からの依頼でした。奥様は時折自家用車で出かけており、カーナビゲーションの履歴からホテル街の近くに行っていることが判明し当事務所に相談に訪れました。

数日の調査の結果、奥様は勤務先~自宅の中間にあるサロンに通っており、その店舗の女性施術士と仲良くされていました。その相手は男性的なショートカットで〇〇〇ジェンヌの雰囲気を醸し出していました。

ある時張り込みをしていたら、奥様が小走りで出かけていきました。電車で40分ほどの行った駅近くの瀟洒なマンションで件の女性施術士と合流。その女性施術士のマイカーに乗り、二人はドライブデートの様子。

その後高速道路のジャンクション付近にあるラブホテル街の中へ。

二人が出てきたのは翌朝でした。

その結果を依頼人にご報告しましたが、”信じられない”といった感想で、調査自体はそれ以上行われませんでした。まさか長年連れ添っている妻が同性愛者とは事実は小説よりも奇なり、を地で行くような浮気調査でした。

Follow me!

PAGE TOP