市川市での債権回収調査事例

a0002_001041

依頼内容

千葉県内で戸建住宅を二棟建設したが、建築費の残金である2350万円が不払いの事。弁護士を通じ、内容証明を送るもなしのつぶて。

仕方なく債権回収の為に訴訟を起こしたが、相手方は裁判に現れず次回は結審され、こちらの勝利になる予定だが、債権を回収できる見込みがあるのか知りたい。

調査結果

調査対象者の資産である土地や建物は対象者の名義であるが、某信用金庫の抵当が付いている為、差し押さえは難しい。勤務先からの給与を差し押さえる事も可能なので、尾行して勤務先を特定する方法を選択した。

二日間の張り込みの結果、都内の大手企業に勤務している事が判明。他の家族の生活振りも、派手さは無いが困窮している様子は皆無であった。よって、回収の見込みはあるとの報告を行った。

SNSでもご購読できます。