BLOG

新型コロナウイルスによる探偵事務所の影響について

東京調査サービス

探偵事務所は生き残れるのか?

私が生まれてから最大の難関が今回の新型コロナウイルスの感染拡大問題だ。

東日本大震災や阪神淡路大震災などの震災は震源近くではなかったし、比較的早くに経済活動が復活したので被災地の方々には申し訳ないが、そこまで業務に影響が出る事はなかった。

実際3.11当日は都内で張り込み調査を行ったぐらいだ。

しかし今回の新型コロナウイルスはたちが悪い。令和2年初めころにウイルス感染のニュースを聞き、2月中にマスクと消毒剤を一つ買った。

それから一週間後には消毒剤は一切手に入らなくなったし、マスクに関しても同様である。

こういった困難は生きている中で時々起こるものだが今回ばかりは収束がいつになるか分からないし、収束したとしても経済活動が以前に戻るとも思えない。

何せ人々が動かないのだから探偵の仕事もあがったりだ。

幾つかのニュースサイトでは都心などに点在するビジネスホテルがインバウンド客が全く来なくなったので、所謂ラブホテルにあるような休憩コースのようなものを新たに設定し、それが不倫カップルに利用されているといった報道があった。

リモートワークに切り替えたが、やはり自宅ではなかなか仕事が進まないという言い訳でビジネスホテルの「休憩プラン」を利用し、そこが不倫カップルの目に留まったのだろうか?

一般のラブホテルはいつも通りの稼働実績があるようで、いつの時代も男と女は出会いを求めている。全てのビジネスホテルを確かめたわけではないが、「デイユース」「テレワークプラン」などの名称で新規プランを打ち出している。最大で11時間滞在できるホテルもあり、不倫カップルが利用するのには十分な時間であろう。勿論価格も抑え目であり繁華街のホテルよりも利用しやすい価格になっている。

しかし、ニュースサイトの報道は信用はしていない。実際に利用している者もいるだろうが、今回のウイルスはたちの悪い感染症だ。もし、感染してしまったら共倒れになってしまうし感染ルートの説明も出来ないだろう。

それでも燃え上がっている不倫カップルはどこかで時間を工面して逢ってしまうという現実もある。明日が分からない状況でもだ。

でも探偵事務所の業務というのは浮気調査ばかりではない。不貞の証拠を得るための浮気調査なんていうのは実際の調査の半分にも満たない探偵事務所が多い。

探偵事務所と言うのは一般的には浮気調査が多いように思われているが、この他には社員の不正問題や会社間取引でのトラブルで相手方の行動を見張るといったアウトロー的な仕事も多い。

今はリモートワーク(在宅勤務)が増えてきているが、実際に在宅勤務しているかどうか?という依頼も舞い込んできているらしい。そういった企業はリモートワークの経験が少ない、または初めて行う企業であるが、今時期は企業も予算をかけてまで探偵事務所を使うところは殆どないだろう。

探偵仲間からは調査が3件キャンセルになった、採用の調査が一切入ってこなくなったという話も聞く。人々が動き出さなければ張り込み調査も出来ないし企業もお金を使いたくないから調査してまで、、、といった考えもあるだろう。

探偵事務所は自粛しても都や国からの補助金は出ないだろうし困窮している探偵事務所が多いと聞く。探偵事務所の固定費といえば事務所の家賃と人件費くらいだが、ネット広告費の割合が多い探偵事務所は殆ど仕事が無くなっていると思う。

ネット広告費を大きくかけているところはそれだけ固定客が少ないという事にも繋がるので新規の客を得ないと一気に状態が悪くなる。

だからこれからは小さい、個人でやっているような探偵事務所が残っていくのではないか?自宅を事務所にしているような昔ながらの探偵事務所がなんとか生き延びるのではないかと思う。

都心のターミナル駅傍に事務所を構えているようなところは経費倒れしてしまうのではないかと危惧している毎日である。

新型コロナウィルス、新型肺炎の影響

東京調査サービス

新型肺炎はどこまでの影響があるのか?

昨年、2019年の11月ころから始まった新型コロナウィルス(新型肺炎)の影響は甚大なものになった。海外や我が国では経済的損失が2008年のリーマンショック以上との報道もある。私自身では3.11の震災時と同様に経済的損失があるのではないか?と危惧している。

2008年のリーマンショックの3年後に東日本大震災があった。その時は探偵事務所としては特に影響はなく、肝心の依頼数もそこまで激減したということはなかった。

今回の新型コロナウィルスによる影響は計り知れない。まだまだ継続して患者が増えているし、肝となるワクチンの製造も時間がかかりそうだ。この問題がじわじわと出始めたころに「コンテイジョン」という映画を見た。有名な俳優「グウィネスパルトロウ」や「マットデイモン」が出演している映画で2011年、震災のあった年に公開されている。

この映画は香港に出張したパルトロウが帰国後2日目に死亡してしまうという事から始まり、謎のウィルスが世界中に蔓延してしまうという、今現在世界で起きている状況と全く同じなのだ。

徐々に広がるウィルスと同時に危機感や不安感に襲われた市民が買い占めや略奪を行い、パニック状態に陥る状況がリアルに映像化されている。肝心のウィルスはいつの間にか世界中に広がり、中には元々抗体のある人物もいるのだが、死亡率が高いウィルスで沢山の人間が亡くなった。

リアル同様にWHOや米CDCが動くが一人のジャーナリストが人々の恐怖を煽ったりと、映画の中でもリアルでも同じようなことが起きている。

所謂ネタバレになってしまうが、結末はワクチンの生成に成功するのだが、、、

この映画を見て、今起きていることと現実がリンクしたという思いがあった。現にアメリカでは実弾が結構な勢いで売れている。食品を求め、世界各地のスーパーでは買い溜めが起きているし映画同様に奪い合い的なことも報道されている。

これ以上のウィルス拡大が続くと映画さながらの光景を目にするのかもしれない。

一度この映画を見ておくことをお勧めします。

コンテイジョン」ワーナーブラザーズ

令和二年 元日

東京調査サービス

あけましておめでとうございます

令和時代も二年目を迎えました。

昨年は事前災害が多く、風雨や洪水で甚大な被害をもたらしました。

本年は災害の無い年になれば良いのですが、地球規模で起きていると思われる温暖化の影響は人間の力ではコントロールできないのかもしれません。

人間の力は時に無力なのは自然災害のニュースを見ていると痛感します。

年末から年始にかけて「結婚」などの明るいニュースも飛び込んできていますね。東京2020オリンピック・パラリンピックがありますし、明るいニュースが増えると思います。

私は探偵業から少しだけ離れているのですが、いつしか探偵業の一員として業界に戻り、よりよい探偵業の発展に貢献したいと考えております。

探偵事務所が事件に巻き込まれる

東京調査サービス

またまた探偵事務所が事件に巻き込まれた。

まぁ、何となくわかっていたと思うが、とある教育機関で勤務していた男性が、帰京した際に利用していた風俗店の女性へのストーカー行為。

そのストーカー行為の手伝いをしてしまった探偵事務所があるみたいだ。

ストーカー行為を行っていた男性は逮捕されているが、結果的に手伝をしてしまった探偵事務所への処分はどうなるのか?までは報道されないだろう。

ストーカー行為を行っていた男性は60代後半。風俗店に勤務する女性の尾行調査を依頼したようだが、尾行調査を依頼するにあたって理由というものを探偵社は聞くだろうし、依頼の際に依頼に至った理由を逮捕された男性も探偵社へ伝えると思う。

私の経験則で勝手な話をするが、凡そ「借金」を理由にしていると思う。風俗店で知り合って仲良くなり、金を貸したが帰ってこない。弁護士から内容証明を送るのに自宅の特定が必要だ。などといったものがあった。

東京調査サービスではちょっと怪しいかな?と思った依頼は断っているが、食べていくのに困難な事務所は依頼を受け付けると思う。依頼人もそういった探偵事務所を探していることが多い。

探偵事務所がストーカーの手伝いをしてしまったというイメージダウンに繋がるニュースであるが、今後もブログで取り上げていきたいと思います。

SNSにアップした写真から特定!?

東京調査サービス

芸能活動をしている方がSNSにアップした自身の写真から行動範囲が特定され、襲われたというショッキングなニュースがありました。

なんと、顔写真にある瞳に写っていた周りの景色から行動範囲を特定し、張り込んだり尾行したりして犯行に及んだというもので、何という執念といいますか恐怖を感じた人も多くいらっしゃると思います。

芸能活動を行っているという事で、現代ではSNSに自らの情報をアップして宣伝活動に使うことはなんら不思議なことではありません。ブログやツイッター、インスタグラムに代表されるものから短い動画をアップするサービスなど多種多様です。もはや当たり前の行動といってよいでしょう。

また、スマートフォンのカメラ機能の強化もあげられます。とにかく画質重視のカメラはスマートフォンの売り上げを左右するものでもありますよね。そういった高画質の顔写真を疑いもせずにSNSにアップロードすることは今後控えたほうが良いかもしれません。

まずは近影の顔写真をやめ、引きで撮影する。背後や正面にある建物などで特定できるような構造物を排除することも必要です。スマートフォンには加工アプリがありますから、加工して画質を劣化させてからアップロードするという事も考えなければなりませんね。

また、スマートフォンと画面の大きいパソコンでは見え方も違いますので、パソコンの大きな画面でどういう風に見えているのか?ということも確認が必要です。

SNSに写真をアップロードする時は自身の周りしか気にしていない場合が多いですが、背景になにが映っているのか?ということが忘れられがちですので気を付けてください。今一度見直して削除することも考えてください。