浮気調査の料金・費用を安く抑える唯一の方法

調査料金

探偵に依頼する浮気調査費用は高く感じるのが現状です。なるべく安く抑えたいならこの方法しかありません

私は今までの探偵経験が30年ほどあり、長年の経験から浮気調査の費用をなるべく安く抑える唯一の方法をお話しします。

令和三年現在の浮気調査の探偵料金の計算方法を考えると、各社横並びの感じがします。

確かに高い、安いはありますが、色々な探偵事務所のwebsite を見ているとハッキリとした浮気調査の料金が見えてこないのではないでしょうか。

例えばA事務所の探偵調査員が1 時間当たり8,000 円として通常は二名以上で尾行調査を行いますから1 時間16,000 円となるわけです。仮に10時間調査にかかったとして、16万円と諸経費が依頼人へ請求される金額となります。

諸経費とは調査時に必要となった電車・バス・タクシーの移動料金のこと。車を使えば車両費やガソリン代、高速道路代が加算されます。

上記の計算で調査員一名あたり6,000 円のB探偵事務所に浮気調査を依頼し、同じく調査員二名で12,000 円、10時間の調査を行い、同じような諸経費で12万円ほどになりました。

これだけ考えてみると、B社に依頼した方が4万円お得!となるわけですが、実は意外な盲点が探偵事務所の行う浮気調査には存在するのです。

最終的な総支払額は誰にも分からない

調査員一名、1時間〇〇〇円の時間計算型浮気調査では、最終的な金額が誰にも分からない。探偵事務所の行う浮気調査(尾行調査)は始まってみないと調査対象者がどのような行動をするのか神様でさえも分からないからです。もし行き先や会う人が分かっているなら調査は行わないですよね。

例えば浮気相手と会わずに本屋に寄っただけで帰った場合もあるし、浮気相手と合流して食事した後にホテルに行って終電で帰るのとでは調査料金は後者の方が高くなるわけです。

反対に、退社後に浮気相手の家で2時間過ごして夜11時ころに帰宅した場合と退社後に友人らとお酒を飲みに行って、朝まで調査する場合もあるのです。いつ浮気相手と会うか分からないので調査は続行されるのが普通です。結局朝まで飲んだりカラオケしているのを確認しただけになってしまうのですが、やはり後者の方が高くなってしまうのです。

そもそも、探偵事務所と契約する際には調査料金の総額や支払い方法を記載しないといけないルールになっており、これに違反すると何故か探偵事務所が罰せられるのですが、まだ始まってもいないのに総額を記載しろといわれても困ります。ですからほとんどの探偵事務所が凡その概算を記載しており、依頼人には費用の計算方法や今後の流れを説明して納得してもらっているのが現状だと思います。

ちょっと脱線しましたが、安いと思った探偵事務所でも調査時間が長くなればそれだけ高くなるのです。反対に高いなぁ、と感じた探偵事務所でも頼んだその日に結果が出ればその日の探偵費用だけで済んでしまう場合もあるのです。浮気調査(尾行調査)ばかりはやってみないと分からないという訳なのです。

私が昔在籍していた探偵事務所では、時間計算型の料金ではなく、依頼人から探偵への報酬が幾らまで出せるかお伺いし、その範囲内で結果が出るまでしつこく調査をするというやり方が主でした。

一日で結果が出てしまった場合でも、何回も浮気の証拠を得ておき、裁判で有利になるようにしていましたし、浮気相手の身元調査も同じ金額の範囲内でできる限りの事をやっていました。時間計算型の浮気調査ですと、何をやるのも時間計算で行われ、下手すると思いもよらない莫大な金額になる事もあるのです。

調査日時や浮気相手の身元調査まで完全に探偵に丸投げする依頼人が、調査へかける情熱の高さによって報酬額が決まっていて、中には500 万円を超える報酬を得たこともあります。その代わり調査は基本毎日のようにしていました。時給計算型の仕事もありましたが、「ここまで出せる」という総額の方が、サービス的な調査も行えるのでどちらが良いというのはありませんが、時間計算型だとキメ細かい調査が出来ないのではないかと思います。

キメ細かい調査というのは依頼されていない日時に調査してみるとか、浮気相手に他の交際相手がいないのか?とか依頼人が疑問に思うようなことをできる範囲で調べていました。

浮気調査を安く済ませる唯一の方法

ポイント

これは依頼人の協力が欠かせません。
point
・できる限り調査日時を細かく決める
・少しでも無駄かな?と思った日にちは調査を早めに終了してもらう
・怒りに任せず、その時の気分で決めない

絶対にこの日に浮気相手と会う

というのが勘で分かる方は調査日時を指定されて行われるので無駄な日にちに調査をすることも無く、費用を抑えることが出来ます。また、家から出る時間が完璧に分かっている場合も費用を抑えることが出来ます。浮気相手と何時会っているのか全く分からない場合は、ある程度ご自身で判断していただき、調査日時を決めるくらいしかありませんが、調査総額の範囲内で結果が出るまでやりますよ!という探偵事務所も探せばあるでしょう。

「もうすぐ出ます」という合図を送っていただければ、調査員には周辺で時間をつぶしてもらって、合図とともに調査開始という契約をしておけば、調査費用の節約になります。通常の場合は何時に出かけるのか判明しない為、出かける数時間も前から張り込みをしているのが現状です。

少しでも出かける時間や退社時間が判明していれば探偵としても無駄な時間張り込みをしなくて済みますし、同じところで長時間張り込みを行うことは近隣からの視線もあり意味を成しません。

浮気調査を依頼してくる方には大きく2 パターンあり、一つは落ち込み型。もう一つは興奮型とあります。興奮されている方は浮気されたことへ怒りの方が大きくなってしまい冷静な判断が疎かになってしまう事もありますので、落ち着いてから探偵事務所に相談に行くほうが得策です。

無駄な調査日が出来てしまうのはしょうがない事

探偵としても無駄な日にちに尾行調査を行うことは好きではありません。意外と体力も必要ですし、昭和の時代と違って近隣の目も厳しくなっており、同じ場所に長い時間居ることは通報される確率が高くなるからです。

しかしながら、調査をしたことでこの日は浮気相手と会いませんでした。という確たる報告が依頼人は出来ます。これは調査を行ったからハッキリとしたことが判明するからであり、していない場合に依頼人は「もしかしたら会っていたのかな?」という疑念ばかり残るでしょう。

以上ですができる限り調査費用を抑えるには依頼人のご協力が必要になりますし、的確判断も求められます。

上手に探偵事務所を利用して様々なトラブルに備えましょう。

TikTok(ティックトック)で身バレ 友達にバレる確率は非常に高い?

tiktok

若者から支持を集めているスマホアプリの一つにティックトックがあります

中国のIT企業であるバイトダンス社が作ったアプリで、近年10代から20代を中心に盛り上がっているアプリケーションです。

そのほとんどがダンスや歌を15秒という短い動画としてSNSを中心に拡散されています。

なぜここまで人気が出たのかまでは分からないのですが、かわいいとされる女性がダンスをしている様子に人気が集中しているようで、フォロワーと呼ばれる支持者が〇〇万人という数字を持っている10代の若者もいます。

ファンが増えることはいいのですが、人が多く集まれば、中には悪い人たちやストーカー行為に走る人が少なからずいることも確かなのです。

最近では人気のある10代の女性が炎上騒ぎを起こして退学に至るまでのこともありました。

所属事務所のある有名ユーチューバーならともかく、サポートのいない10代の若者では膨大な数のフォロワーがどのような形で攻撃してくるのか知る由もないでしょうし、自らアンチと呼ばれる人たちを焚きつけたのですから自業自得とも言えます。ですが、未成年ですし、自らの未来をつぶすことはしてほしくありません。

さて、そんなティックトックですが、身バレしやすいことはご存知でしょうか?

ティックトック(TikTok)はアプリの中で簡単に動画を加工できることが人気になった一つの要素とも言えます。いわゆる盛れるんですね。

そうした盛れるアプリですが、殆どの人が顔出ししています。これは非常に危険なことです。ユーチューバーの中にも顔出ししてからチャンネル登録者数が増えてきた人もおり、フォロワーを増やしたいと思っている人は顔出ししてしまうのでしょう。

実際に人気がありテレビ出演するほどのティックトックユーザーも見かけます。

また、学校帰りに制服のままで友人らとダンス動画を撮影して、加工した後にネットにあげてしまう場合もありますよね。

制服のままというのは非常に危険です。それだけでどこの学校なのかが分かってしまうからです。さらにこの動画〇〇ではないか?ということをツイッターなどでつぶやかれたりしたら思いもよらない人たちの目に触れることとなり、身バレしやすくなります。

他には撮影場所も身バレしやすいポイントがあります。背景などがそうなのですが、街中でも特徴のある建物や看板があればグーグルマップで確認し、一致すれば場所の特定ができてしまいます。

室内でも同様で、部屋の窓からの風景、間取り、壁紙、柱の位置などから特定される可能背はゼロではありません。

住宅情報サイトにはマンションやアパートの外観、間取り、室内の様子が綺麗な写真で掲載されています。ネット上で利用者の判断を促すためのものですが、有名ユーチューバーが室内で撮影されている動画で住まいを特定されるのではないか?という同じ高級マンションに住まわれている方が不安を抱いたという報道もありました。

有名税

という言葉があります。有名になればなるほどある程度のプライバシーは流出してしまうことは我慢しなければならないこともあるのです。芸能人の方がそうですよね。

ありもしないことも週刊誌などで書かれてしまいます。

ユーチューブからはじまった動画系のSNSですが、人気が出ればお金にもなるし、参加することへのハードルがとても低いです。ですから若者を中心に人気が出ることも頷けます。

ティックトックで身バレしない為には

絶対ということは殆どの事で当てはまらないと思っているのですが、ティックトックを利用せず、閲覧だけなら絶対に身バレすることはありません。TikTokアプリで動画をあげている以上、どこかで他のSNSと繋がりがあってバレてしまう可能性は高いでしょう。

アカウントを友達に限定して公開する設定も可能ですが、おもしろい、ウケる動画だと拡散したくなり、つい他のSNSにアップしてしまうこともありそうです。
ですから細心の注意を払って利用していただきたいのです。

また、ティックトックの動画にコメントを書き入れる時はIPアドレスやスマートフォンの種類、OSのバージョン、ブラウザの種類も一緒に送信されていると思って下さいね。

夫婦別姓を認めないという判断が最高裁判所から出されました

東京調査サービス

夫婦別姓は認められないという判断がでました。最高裁判所では合憲との判断が出されたようです

本日、令和三年6月23日水曜日は夫婦別姓が違憲なのか、合憲なのかで争われた事件で最高裁判所の判断が下される日でした。

夕方にその判断が明らかになり、夫婦別姓は合憲であるとの判断が出されました。

夫婦別姓については民法と戸籍法の規定がネックになっており、夫婦別姓を認めないのは近年の夫婦のあり方に疑問を持った人がいたことで話題になりました。

また、大手ITサービス業の代表者も夫婦別姓が認められないことに異議を唱えて話題になりましたね。

今回は3組の夫婦の事件について争われていましたが、夫婦が同姓であることに合理性があり通称使用の広がりもあって、特別女性に不利益が無い事などから合憲の判断が出された模様です。

婚姻前からすでにキャリア形成をしている女性にとっては姓が変更されることに抵抗があったのかもしれませんが、そのまま通称で過ごしても法令に違反するわけでもないです。

ただ、姓の変更によって公的な手続きが必要になったり、カードや銀行預金、携帯電話などのライフライン関係の変更手続きが面倒ですよね。

こういう事は一回きりなのですが、何らかの事情で離婚した場合、もう一度変更手続きが発生するという問題もあります。これは女性だけの話ではなく、妻の姓を名乗る場合は男性が面倒な手続きを行わなくてはなりません。

国会ではLGBTQについての議論も中途半端なままなのですが、最高裁判所大法廷では今まで通りの判断が出されたという話でした。

改正ストーカー規制法が成立しました

東京調査サービス

GPS機器を悪用しようとする事を禁止するストーカー規制法が成立いたしました

近年増え続けているストーカーの被害は男女問わず襲い掛かっています。その中でもGPS機器を無断で車両に取り付けて、スマートフォンなどで位置情報を把握することなどを禁止する改正ストーカー法が令和三年5月18日付で改正されました。

同法案の改正は三回目という事です。

今回のGPS機器を使ったストーカー行為は既に何件かは立件されており、違法という判決が出されていました。

今頃なぜ、、、遅すぎる、、、

といった声がネットの掲示板からは散見されますが、今まではGPS機器の取り扱いに関する法律が全くなかったようですね。今回改正された規制法では以下のような行為を禁止しています。

  • 相手の承諾なく、GPS機器を車両に取り付けたり、持ち物に忍ばせたりする行為
  • アプリを使って相手のスマートフォンの位置情報を把握する行為
  • 相手が現在いる場所での付きまとい行為
  • 手紙・文書などを連続して送り付ける行為
  • ストーカー行為をする者が所在不明でも掲示により禁止命令の効力が発生する

以上のような事が今回新たに加わった内容です。今までは自宅や勤務先などといった表現でしたが、SNSなどで現在いる場所を把握されて、その場所に押しかけるといった被害もあったようなのです。ですから法律には「現に所在する場所の付近」といった文言が追加されました。

ストーカー規制法は2000年(平成12年)に桶川ストーカー殺人事件を背景に制定された法律で、2013年と2016年に改正されてきました。その時には既にGPS機器を取り付けて位置情報を把握したり、勝手にスマートフォンに位置情報を送信するアプリケーションがありましたが、今回改めて規制を強化するに至りました。

やはりストーカー行為自体は減っておらず、警察も頭を悩ませていたのでしょう。

尚、付きまとい行為をすると公安委員会から禁止命令が出され、起訴されて有罪になると100円以下の罰金か1年以下の懲役刑が出されるので付きまとい行為は絶対にダメです。

詐欺の相談が増えています

東京調査サービス

詐欺の相談がとても増えているようです。

コロナ禍の世の中ですが、それに反して知能犯罪が増えてきているようです。

皆さんもそういった類のニュースは多く見聞きしていると思います。知能犯罪とは暴力や窃盗ではなく、取り込み詐欺やインターネット上の商取引で詐欺行為を行うなど、気が付いたら騙されていた、という犯罪です。

これはインターネットの検索結果からも現れているようで、検索語句に「詐欺被害」「詐欺相談」といった知能犯罪に関わる検索語句が増えているという結果があります。

一例としては〇〇オークションで高級外車を落札し500万円の入金をしたが、その後出品者と連絡が取れなくなったという案件や、いわゆる出会い系サイトで入金をした後でサイトが使えなくなったという相談がありました。

国際ロマンス詐欺もいくつかあります。SNSなどで知り合った外国人と思われる人物の海外口座に合計で1800万円振り込んでしまったというもの。相手とはライン電話で会話したことはあるものの、その他の連絡先が分からないといった案件です。ラインは相手の携帯電話番号が不明でも繋がることは可能なので、そういったシステムの脆弱性を利用しながら、騙す相手を信用させる目的でライン電話で誘い文句を並べるのでしょう。

最近はめっきり減った迷惑メールですが、過去の統計によると0.04パーセントの人が実際に迷惑メールで送られてきた内容に含まれるサイトのアドレスにアクセスしてしまい、その内容に騙されてしまうという結果が発表されています。

10000人のうち4名の方が引っかかってしまうのです。ですからいつまでたっても迷惑メールというのは流れてくるんですね。SNSも様々な形態で見知らぬ相手からコンタクトを受けたことはありませんか?令和3年現在はネットリテラシーの向上が認められますから更に少ない数字になっていると思われます。

上記の統計はかなり古い統計です。実際に公になった数字を計算していると思われますので、少し増えるかもしれません。

私もSNSを使いますが、見知らぬ美女からのコンタクトは時々ありますし、ラインも記憶にない人物からの友達登録や広告のようなメッセージが届きます。

人は弱っている時に騙されやすいです。弱っている時というのは仕事で疲れている時や恋人と別れた後、または酔っぱらっている時に間違って詐欺サイトにアクセスしてしまう場合があります。

更にお金の話になると、「もしかしたら儲かるのかな?」「ひょっとしたら」という思いが膨らんできて、普段は気にかけないような話に乗ってしまう危険性があがってしまう場合があるのです。お金が増えるかもしれない、ギャンブルでお金を使う時と同じような脳の作用が働いているのかもしれません。

どのような詐欺でも被害金額の大小に限らず、戻ってくることは殆どありません。詐欺被害の金額が低いと警察も相談だけで終わってしまう可能性もあります。それは詐欺の認定の難しさにあるからなのです。

「最初から騙そうと思った」

「商品だけもらって代金を支払う気はなかった」

という正直者の詐欺師は存在しません。

詐欺師というのは蓄財をしたり、運用するといった概念は無いと思われるので基本的にはその日暮らし的な雰囲気で生活していると思われます。数億の大金になれば隠すことに必死になると思いますが、そこまでの金額でない場合は「遊ぶ金欲しさ」にパーッと使っているのではないかと思います。

詐欺被害の相談先としては、消費者センターや最寄りの警察署の他に振り込んでしまった口座を保有する銀行も専用の相談窓口があります。

預金保険機構では振り込め詐欺被害者向けの窓口があり、振り込んでしまった口座を検索して、その口座にいくら残金があるのか?という情報も検索することができます。

預金保険機構

我々探偵事務所では、詐欺師が利用した銀行預金口座の持ち主や住所、残高。携帯電話番号の契約者、住所などの調査が可能です。詐欺被害に遭った場合の返金交渉などは出来ませんが、その前の何処の誰なのか?までは調べることは可能です。

PAGE TOP