BLOG

商業探偵の崩壊

商業探偵の崩壊・これからの探偵事務所のあり方について

先日、大手探偵事務所が破産したという事を書きました。

前々から感じていたことなのですが、日本国内にある「探偵」が増えすぎた結果なのではないかと思います。私が探偵業に関わりを持つようになって27年が経過いたしました。初めの頃はよくわからずに先輩らと調査現場に向っていました。

暫くして業界の話を見聞きするようになります。自分がこの業界に入った頃はインターネットなどはありませんでしたから、一般の方や企業の方が調査をお願いするといった場合、選択肢は限られていました。

弁護士からの紹介

電話帳を見て広告等で自分で判断

以前、依頼した事のある人からの紹介

ポスター、掲示板(ネットのではない)、看板などを見て

これくらいしか考えられないのですが、、、。私の探偵事務所は、ほぼ人からの紹介です。web siteはありますが、そこからの依頼は年間を通してゼロに近いですし、検索しても上位にヒットすることはないでしょう。本当は上位表示するようにしたいのですが、コストと見合う結果が得られなければ意味がないと思いますし、結果とは調査の受件(依頼を受けること)ですから、検索順位で上位表示されたからといって、それが結果だとは言いがたいのです。私の知り合いの探偵事務所はそういった検索順位を上げることに時間とお金を割いていますが、検索順位が大幅に変わったりしして苦労していると聞きます。

本来、探偵事務所というのは大きく看板を出したり、インターネットでアドワーズやリスティング広告を沢山出すような業種ではないんですね。しかし、ネットからの集客で成功をあげている?探偵社もあります。しかしながら、SEO対策にお金をかけすぎてキャッシュが無いという悪い噂も聞きますね。

一度名前が知れ渡ればそれだけで大きな効果を生んでいるはずなのですが、探偵そのものの知名度ってものすごく低いんです。

「本当にそういう職業があるんだ!」

何回か言われたことあります。

そういった知名度の低さによって、広告を打つことにより集客するという流れになっていったのだと思います。電話帳広告全盛の頃は、大きな開場に業者が集まり、クジを引いて広告の場所を確保していました。数ページある広告のうち、前のほうに掲載されているほうが電話がかかってくる確立が高かったのです。

探偵事務所の名称も同じです。「あ・い・う・え・お順」でしたから、「ア」とか「A」とかを名称に付けることで、電話帳の前のほうに掲載されるからです。ですから変な名称の探偵事務所が電話帳に掲載されていた時期もありました。今では電話帳を見て電話をかけてくる率が下がりましたから無くなったかもしれません。

前の記事でも書きましたが、広告にお金をかけすぎて、無くなっていった探偵事務所が数多くあります。中には名前を変えてやっている所もあるのでしょうが、この業界で名称を変えたらそれはそれでデメリットしかないと思いますね。20年前の依頼人が104の番号案内で調べてかけてくることもあります。それが広がって大きな仕事にになる場合もあるんですね。所在地についても連絡もなしに昔の依頼人が来ることもあるんです。

一度、「探偵」で検索してみて下さい。上位数件は広告で埋められていると思います。立ち上げて数年の探偵事務所がお金をかけて掲載されています。その派手な宣伝広告費をかけ続けることができるのか?その原資は?調査費用に上乗せされているとしか考えられません。

-派手な宣伝広告-

これはもう通じないのかもしれません。私どもの業界だけではなく、弁護士や司法書士の広告宣伝もよくみるようになりました。それらは消費者金融で支払い過ぎた金利を取り返すというものです。それも賞味期限が近づいてきます。

大量の宣伝広告を打って、集客するというビジネスモデルは崩壊に近づいているのかもしれません。企業というのは収益の確保が第一ですから、ものすごい研究をしてSEO対策なさっているんだと思います。SEO対策だけならお金をかけなくてもできるのかも知れませんが、広告費は永年かかり続けます。依頼が減ったら宣伝の仕方が悪いのだと感じることでしょう。もっと沢山の広告を出そうとするのかもしれません。探偵事務所がそんなに体力があるとも思えませんし、金融機関がにっこりしながら融資してくれる業界でもありません。やはり世間様は色眼鏡で見ている部分があります。

これからこの業界がどうなって行くのか本当に不安です。

横浜にある大手探偵社が破産しました

大手探偵事務所が破産しました

探偵としては暗いニュースになります。横浜の大手探偵社が破産したという話です。夕方のヤフーニュースに記事が出ていました。

ここは私が「探偵」になりかけの20代の頃から名前は出ていたと思います。大きな広告を出していたので、知っている人も多いでしょう。女性有名人広告塔として出ていたこともありましたし、私の通勤電車でも広告を多数見かけました。女性探偵社としていましたが、実際は男性が運営しているほうが多いですね。

インターネットが普及してから、探偵業界は変わりました。それまでは電話帳広告が一番問合せのあった広告媒体だったんです。しかし、その電話帳広告も分冊されたりして色々経費が掛かったんだと思います。今現在の電話帳広告を見ていると数ページか全面広告は出ていませんが、昔(昔って書きたくないんですが)はもっとページ数が多かったんです。

最近では私の所にも「SEO」をキーワードにした営業電話が度々かかってきます。検索順位で上位表示させることができます、、、と。私のところでは勿論ホームページ(web site)は出しておりますが、SEO対策にお金をかけたことはありません。大手検索エンジンさんのリスティング広告はほんのちょっとだけ出したことはありますね。出したとたんに依頼が舞い込んできたということもありましたから、効果はあるんだなと思いました。業界での集まりでは皆揃って「SEO対策をしている」と聞かされます。それはそれでいいのでしょうが、よくない噂も聞きます。広告にお金をかけすぎて探偵業界から身を引いた人物を何人も知っているし、昔、大手と言われていたところは数年前に無くなっています。

探偵にそんなに需要があるのか?という事も聞かれますが、東京都内で「探偵業の届出」を行っている企業・個人は500件をゆうに越えます。その中で実際に動いているのはもっと少ないのでしょうが、都内だけでもこれだけの数があるという事はそれだけの需要があるものだと思います。

今日のニュースに出ていた会社に所属していた探偵調査員の受け皿があるとよいんですが、人を募集している探偵事務所も殆どないですし、ちょっと心配です。また、調査中の案件もあったでしょうし、これからどうなるのか?知人に問合せてみます。

では。

高齢者のワンクリック詐欺被害が増えているそうです

アダルトサイト等の閲覧でワンクリック詐欺はマダマダあります。高齢者の方もターゲットになっている模様

パソコンやスマートフォンの爆発的な普及。それは老若男女問わず、誰でも所持しているものになりました。それによって、ワンクリック詐欺などの被害も中々減りません。本日インターネットのニュースサイトで見た記事では、ワンクリック詐欺の被害は50歳代から70歳代の方の被害が6割だそうです。これは男性が大半なのかも知れませんが、女性もある程度被害にあっているといえると思います。私が以前、警視庁の勉強会に出席した時に消費者センターの方が統計の発表をしてくれたのですが、2割程は女性の被害もあるそうです。

幸い(笑)私はワンクリック詐欺のような画面を見たことはないのですが、インターネットのブラウザの画面がひっきりなしに新しい画面が出てきて、消せなかったことはあります。しかし、電源を切ったりして対処しました。

あまりインターネットに触れていなかった方が「流行だから」とスマートフォンを手にし、色々触っているうちにそういった画面が出てきて、間違った操作をしてしまう、、、。こういう事は誰にでも起こりうることだと思います。しかし、無視するのが一番だ!という意見もある一方で、こういったトラブルに慣れていない人は「契約完了!」や「契約締結いたしました!」なんて文言が画面に現れたら自分のせいだと思い込み、仕方なく契約料を払ってしまう、、、。という流れになってしまいます。

折角手に入れた便利な道具なのですから、まずは検索してみることが一番だと思います。

閲覧したサイト名称や契約うんぬんと提示してきた会社名、連絡先などを検索すれば「詐欺」「ワンクリック」などという文言が検索エンジンで出てくると思います。今度はその内容を閲覧して冷静に対処する。ということが詐欺被害を無くす一番の解決方法なのかもしれません。

私の携帯電話(スマートフォンではない)には今でも詐欺メールが来ます。中には2億円差し上げるから、、、という嬉しくなるようなメールも半年に一回は来ますね。一度、どんな内容なのかクリックしたいのですが立て続けにメールが来ても困るのでやっていません。

スマートフォンも所持はしているのですが、メイン機器にはしていませんね。コミュニティアプリの「ライン」は入れていますがたまに出会い系?なんですかね若い女性の写真とともに、連絡して欲しいという旨の通知が来ます。これも、クリックしたらどうなるのか、経験談にもなりますしやってみたいのですが、イマイチ踏ん切りがつかないのが現状です(笑)。

高齢者の方々はいわゆる「真面目」な方が多く、人に迷惑になるからと自己解決してしまう人が多いそうです。

色々な所でかかれていますが、こういった類は「無視」が鉄則だそうです。

もう一回書きます。

「無視」が鉄則です。

元都知事の会見を見ました

今日は、朝早くから仕事があったのですが、結果が出ずに移動。

麻布の焼肉店でおいしい焼き肉丼をいただいてから事務所に戻りました。本日は3月3日金曜日。

仕事の写真等の整理の為パソコンの電源を入れると、、、。

東京都民なら全員知っている「豊洲問題」で元都知事が会見するものでした。元都知事は80歳を越え、大分年をとったなぁという印象でした。

会見はネットで配信されていたので最初から聞くことが出来ました。最初は代読と言うことで、声の調子が悪いのかな?という感じでしたね。

その後、記者からの集中砲火になります。色々な質問が出ました。基本的に豊洲移転は大分前からの規定路線であったとの話しで、今更ほかの土地へ移転すると言うことは考えられない!という都庁内の意見もあったみたいですね?何故なのか?

結局、我々都民の知りたいところは何処なのか?ということですよね~。何故築地が移転しなくてはいけないのか?仮移転でもいいんじゃないかなって思います。築地の歴史は古いです。施設を新しく整備するだけではいけなかったんでしょうかね?巷に溢れている「築地〇〇」などの店名はいずれ「豊洲〇〇」とかに変わるんでしょうか?外国人観光客にも人気のあった「築地市場」を移転しなくてはいけないという強迫観念でもあったんでしょうかね?

ちょっとの間、築地から離れてもいいから施設の更新は考えなかったんでしょうかね?

まぁ、元都知事が悪いみたいな質問が多かったですが、全てを把握&コントロールできる仕事量ではなかったんじゃないんですかねぇ。

本日はインターネット安心デーということらしいです

皆様、こんばんは。

本日、2月9日は「インターネット安心デー」ということで、Googleさんも提唱しているようですね。今日は、午前中は仕事、午後は組合の会合に出席していたのでネットは触っていなかったのですが帰宅して気がつきました。

最近では、衆議院議員さんや公的機関などのサイトが改ざんされるという被害が起きています。私も以前にウェブサイトが真っ白になって更新もできないという被害にあったことがあり、サイトの改ざんと言う被害に対しての大変さはよくわかっております。

日本政府では2月1日から3月18日はサイバーセキュリティ月間とし、啓蒙を行っているようです。やはり、「安心・安全」ということが一番大事だということでしょう。私が「探偵業」をはじめた時はインターネット等はありませんでしたから今のような被害は全くなかったのですが、現在ではインターネット無しでは仕事を含め大混乱になると思います。私も1日に一回はネットに接続することはありますし、ネットの利便性については十分に恩恵を受けているものと考えております。

皆様もこの機会に是非一度インターネットの安全性についてチェックしてみてはいかがでしょうか?