浮気調査

大阪から和歌山へ

大阪

お盆時期の夏休みも終わり、事務所に来てみると、早速大阪出張です。

大阪といっても、午前中だけで実際には和歌山県の南紀白浜まで行くかもしれないという浮気調査でした。

この仕事は5月にも行っているのですが、今回は追加調査という事で、浮気の証拠を更に知りたいという依頼人の意向で行いました。浮気調査というのは一回だけの証拠よりも、複数回の証拠があったほうが、相手方も言い訳しにくくなるわけです。

という事で一路大阪へ。まだ夏休み最中なので所々で渋滞に嵌りました。

今回は南紀白浜にある行きつけのホテルに女性と宿泊するのではないかという事案。本当に行くのか?誰と行くのか?が最重要項目です。実際の調査では、対象者は一人で特急に乗車し、白浜に行くと思われたのですが、和歌山駅で下車して駅から出てしまいました。そして駅前では30歳代と思われる美女がクラウンで迎えに来ていたのです!女性は水商売らしき風貌の持ち主で、対象者が時々行っているスナックの従業員ではないかとの情報もありました。前回の浮気相手とは違う女性でした!

当方は駅前で待機していたタクシーで尾行を行います。こういった場合、タクシー運転手の方のご協力がとても重要になります。タクシーは行き先まで旅客を運ぶのが仕事で、尾行は仕事ではないからです。しかし、現地の道路事情をよく知っているタクシー運転手さんは時に神がかりな尾行術で、我々の仕事を手助けしてくれる場合もあるんですね~。

今回は女性運転のクラウンで白浜方面に向ったのですが、地元なので、裏道等を駆使していました。我々の運転の場合、裏道を駆使されると、尾行に気付かれているのではないか?等、様々な憶測も沸いてくるのですが、地元のタクシーではそういった事は皆無で、「これは何々方面に行く裏道だよ」って教えてくれます。

そんなこんなで南紀白浜のホテルまで無事に尾行を行うことが出来ました。ホテルで車両班と合流し、タクシー運転手さんにお礼を言いました。

翌朝、ホテルの出入りを証拠として収め、クラウンの女性の自宅も割り出して依頼人にご報告する運びとなりました。

よく知らない土地での調査はいつもよりも倍疲れます、、、。

では。

首都高速の尾行

先日、調査を行ったのですが、車両の尾行調査もありました。都内某所から張り込みを開始。この日は強風及び雨で張り込みは大変なものになりました。

車は用意していたのですが、車内からは対象者の居るところの出入りが見えません。仕方なく調査員三名で交代しながら張り込むことになりました。交代で張り込めば疲れを軽減することが出来ますし、トイレや食事も交代で行うことができますからね。

しかし、肝心の対象者は中々出てきません。この対象者は普通の勤務ではないので何時出てくるか全く予想も出来ないのです。ですからこの日は朝7時から行いました。

お昼ごろ自分が近くのコンビニエンスストアで昼食を買っていたら、調査員から対象者が出た!との連絡がありました。自分がコンビニエンスストアから出てきた時にはすでに迎えに来た高級外車の助手席に座っていました。

急いで車のある所まで行き、調査員らと合流。車両の尾行になりました。車両は一般道から幹線道路に出て都心方面に走ります。途中首都高速に乗ったのですが、、、

首都高速は合流・分岐・合流・分岐と細かく分かれているのが難点です。無理やり割り込めばクラクションを鳴らされて目立ってしまいますし、尾行している車両の真後ろにピッタリつけばバレてしまう可能性があります。

走ったことがある人であれば分かると思うのですが、中々難しいのが首都高速なんです。特に箱崎近辺。

暫く尾行はうまくいっていたのですが、分岐のところで見失ってしまいました、、、。

指示の元、自宅に再び現れるだろうという事で自宅で待機することになりました。それから8時間経過、、、。

やはり自宅に戻ってきました。

今回は「浮気調査」なので、迎えに来た車が何処の誰なのか?がとても重要になります。数分後、再び車が動き出したので尾行を開始します。昼間と同じようなルートで都心に向います。

今度は失敗できません。運よく、昼間と違い首都高速の車の量はグッと減っています。合流も車が少ない為、割と間を空けられずに追尾することができました。

結局、車は都心のタワーマンションに入っていきましたが、何処の部屋に入ったのかまでは分かりませんでした。その辺は翌日の調査で行うとして、今回は一旦引き上げることにしました。

首都高速は新たに「山手トンネル」も出来て非常に便利になりましたが我々探偵事務所にとっては業務中は敵ですね(笑)

日曜日の浮気調査

先週の土曜、日曜と他社の案件の浮気調査の手伝いをしました。

暇なときには時々他社の案件を手伝います。勉強にもなるし、収入にもなりますし。

土曜日は夕方出てきて二人で老舗の料理店に向かい、その後バーへ。2時間ほどお酒を飲んでご帰宅。

日曜日は午前中に出てきて車で埼玉県のアウトレットに行ったのですが、その後、交通渋滞などから見失ってしまいました。

その後、二手に分かれて帰りを待ちます。一つは駐車場班。駐車場は家から離れていたので、我々が駐車場班になりました。元受の人たちは自宅班。浮気相手の女性宅の自宅で待つことになりました。

この「待つ」という行為が結構疲れるんです。何時帰ってくるのか全く不明ですし、帰ってくるところを撮影しないといけないので常に気を張っていなければなりません。ちょっとでもそっぽを向いていると、よい写真が撮影できなくなってしまうのです。

5時間くらい待ったところで元受の探偵から連絡があり、自宅に帰って来たとの事。

車は?

駐車場班は二名体制で張り込んでいたので見逃すことはありません。トイレ等に交代で行くことはありますが、基本的には調査員二名の四つの「目」で監視しているので、車が帰ってきた所を見てない訳が無く、ちょっと困りましたが、なんてことはない自宅付近のコインパーキングに車を停め、徒歩で帰宅したのでした。

駐車場は自宅からちょっと離れた所にあったので、自宅待機組みは気付かない所でした。

という事で二日間の浮気調査を行ったのですが、車両の尾行は本当に難しいです。映画のようには中々行かないものですね~。