浮気調査の種類

浮気調査と言っても様々なケースがあります

それによって、調査の期間や探偵料金が大きく変化いたしますので、下記に簡単な例をご紹介させて頂きます。

何も分かっていない場合

浮気していると思われる、といった程度で、何時調査をすればよいのか全く不明な場合。こういう例は数多くあり、数日から一週間程、毎日のように調査をしなければならない場合があります。配偶者の方が何時浮気しているのかもう少し特定できれば探偵料金も嵩まないですみます。

週末に浮気しているようだというケース

週末、金曜日・土曜日に浮気しているのではないか?という確信がある場合、その曜日だけ調査すればよいので、探偵料金もそれほど高額にならずにすみます。

相手が判明していて会う日時も分かっている場合

依頼時にすでに相手が分かっている場合があります。この場合、調査もやりやすいのですが、証拠を掴むにはやはり尾行・張り込みの調査が必要になるので、ピンポイントの調査になります。

大きく分けて、以上の3パターンになるかと思います。近年、2、3のケースが最も多いです。その為、調査費用の節約に繋がっています。

浮気調査に戻る

妻の浮気調査

不貞行為とは?